Cyfons -新世界スクールシステム-

2017年12月02日

赤ちゃんの時にお母さんの菌を受け継ぐ自然の仕組みに逆らう「帝王切開」

「あなたの身体は九割が細菌」
より

第7章 産声を上げたときから・・









帝王切開というのは低脳医学が産んだ余計なお節介だったようです。

 100パーセントとは言えないだろうが、ほとんどの出産には自然分娩(しぜんぶんべん)が子どものためになるという。

 低脳切開のために分便などという後処理が必要になってきたようです。
分便?

 そう母親の便に含まれる体内細菌を赤ちゃんに移植するという方法が最近流行っているそうですよ。

 自然分娩なら自然に母親の胎内細菌が赤ちゃんにコピーされるのですね。

しかも、分便、いや分娩後の粉ミルクもあまりお奨めできない理由も分かってきましたし、お乳の重要さが再認識されたのですね。

バイ菌(微生物)と人間は切っても切れない中。

 夫婦の縁は切れても、微生物との縁は死ぬまで切れない。いや、死んだ後も微生物があなたの身体を分解してくれるとても親切な友人なのだ。 (笑



posted by akyoon at 08:13| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

黴菌の海の中で黴菌を嫌う人間共へ増(細菌が世界を支配するより)

この黴菌野郎!
などと言われるとついつい怒りがわくのではないだろうか?

(註 くだらないまえがきは飛ばして音声読み上げmp3は最下段です)


ある笑学生の先生が生徒に「細菌なんとか」と軽蔑したとかで生徒が自殺にまで・・
なんて記事があったようなないような・・(どっちだ)

ふつう、黴菌といえば「汚い」「悪い」「病源」とかを連想してしまうからだが、
じつは黴菌って、黴や細菌の総称じゃ無いのかな?

じゃあ、この世界は黴や細菌だらけだから、例外無しでアナタもワタシも黴や細菌に囲まれていることになる。

しかも、しかもだよ。

細菌は私たちの体の中にウヨウヨ(それこそ細菌だらけなのだが)棲んでいることが分かってきた。


もしか、いや、しかもだ、その細菌群が居なければ生きて行くのもままならないということも分かっている。


それならば、「黴菌野郎」などと言われても、
「それがナニか?」
と答えるしかない。

かりにも小学校の先生が生徒に吐いたとしても、それは「あたりまえのことを言った」だけなのだが・・


その先生もじつは黴菌野郎であり、体内にはウヨウヨ棲んでいる細菌野郎なのだ。

それを近代の医学宗教(医学は科学では無いというからね、宗教にしました)が熱心に教え込んできた

細菌=悪  という十把一絡げにした無能教育によって育てられた先生もそして、生徒も・・みんなが・・・

細菌を黴菌と呼ぶと異常に怖がってしまう。

ナントバカげた話では無いだろうか。

あの「モンク探偵」のような異常な細菌恐怖症というひとは極少数としても、大多数の人が細菌と言えば、黴菌と言えば即コワガルのだからなんと言いましょうか・・・・超バカいや、超愚というべきでしょうか・・・

と、他人様を愚か余話バリする私も愚かなんでしょうねえ〜〜〜〜


ドシロウトの話などどうでもいい?
では、その道の先進的科学者の便をどうぞ¥

 え? 便じゃないって・・・それは音声を聞いているといずれ分かります。

ヒント * 便通移植  電通じゃ無いですよ。













続きを読む
posted by akyoon at 10:16| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細菌が世界を支配する

細菌が世界を支配する―バクテリアは敵か?味方か?

posted by akyoon at 09:35| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルスと友に去りぬ(毒素)

風邪(インフルエンザ症候群)と共に去りぬ

玄人に書けないドシロウトのトンデモウイルス有用論





posted by akyoon at 07:24| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

私の身体を護るのは体内細菌群だが・・・・抗生物質はそれをやっつける

抗生物質は無差別爆撃のようなものだろう。

 テロをやっつける口実によって、一般市民までやっつけるような無差別攻撃する抗生物質だが。。。

しかし、あまりにも抗生物質のリッパな功績によって皆がそれには黙って見逃して来た。



体外からの有害菌を防いでいるのが体内常在菌群だが・・・
抗生物質によって無差別攻撃されると・・・・

そのあとはどうなるのだろうか?



posted by akyoon at 18:31| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、【Make Yourself Active 〜行動する自分を創る〜】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
Amazon・Kindle版