Cyfons -新世界スクールシステム-

2018年01月03日

「インフルエンザ・ワクチンは打たないで」より

インフルエンザ・ワクチンは打たないで (森啓子 もりひろこ著)

一部詠ませたものです。誤読が有りますので本書を読んでください。
(三分割)
 



posted by akyoon at 17:14| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学者もマスコミも支配するモノが世界を支配する  両者とも「御用」が付くらしい

ドウデモイイ発見をした学者の方が認められる学会。

しかし、あまりにも進んだ新発見は、足を引っ張る学会。こちらの方がずっと多かったようです。

 既存情報からちょっとだけ進んだ学説は受け入れられるが、群を抜いた発見は非常識(トンデモ論とされるニセ科学とされる)で葬り去られる。
そういう大発見は極少数の学者だが、足を引っ張るのは大多数の学者だ。後者の学者はじつは本当の学者ジャナイのだが肩書きだけは一人前の顔をしている(笑

そういう学会の中でも医学界は群を抜いていると思われます。


新発見をする学者音足を引っ張るのも学者
 


足を引っ張る学者を支配するのとマスコミを支配すると世界は思い通りになるらしい。
なぜなら、新聞、テレビなどのマスコミと学者を大衆は鵜呑みにするからである。 
では、その支配力は?  金(かね)だね、 金を持っているのは? 

金貸し支配の構造2  マスコミ支配と学者支配

posted by akyoon at 17:02| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近代医学の「六人の盲人、象をまさぐる」研究じゃ、「全体象」は解らない

専門分野が多くなるほど盲人が多くなるのが医学研究という・・らしい。。

六人の盲人、象をまさぐる如し。近代医学の専門化傾向



posted by akyoon at 16:48| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン風邪=世界インフルエンザ大流行の真実? インフルエンザは果たして怖いのか?特集

インフルエンザ・ワクチンが推し進められる土台となるかも知れない、あのスペイン風邪=インフルエンザ大流行で大量死亡のトラウマ

この恐ろしい記憶が今でも、インフルエンザ恐怖症の根源になっているのでは?

そんなとき、こういう話がネットにあったのですが・・・真偽はセルフサービスです。


人類永遠のテーマ。  「人はなぜ風邪を引くのか?」
 そうです、かぜの流行をインフルエンザと呼んだのが昔。今はウイルスの形状でわけてしまったようで「かぜとインフルエンザは違う」というのが医学上の常識になってきたそうです。 しかし、本質は同じ かぜは人類共通の基本の浄化作用 なのです。 いや、犬もネコも共通しているようで・・・(笑い 
昔は犬もネコも風邪を引いてもなにも飲まなかった。それなのに今は人間の余計なお節介をしているようで・・・
まあ、犬猫並みになれた人間どもと称賛するのが筋なのかな?
は、はっくしょ〜〜〜ん

インフルエンザ世界大流行の真実



心に青雲よりインフル騒動批判 (「心に青雲ブログ」様より2006年記事)


インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について個人的な結論を見た日 (in deep様ブログ)より



同じく【in Deepブログ様記事より  「インフルエンザは怖くなかった」



posted by akyoon at 16:38| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

「ガン検診の大罪」より第3章 音声読み上げmp3


と言う本を昔読んだことがありますが、うろ覚えなのでまた読もうかと思うのです。
が、聴くのもよいかとおもいまして。

血圧のクスリが売り上げナンバーワンだそうですが・・・
 血圧降下剤のことだと思いますが、血圧が高ければ薬を飲むのは当たり前、、と思っていたら・・なんと




続きを読む
posted by akyoon at 15:03| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクチンの参考書より4編 音声読み上げmp3

「予防接種の参考本」ブログより  ←検索してください。


まずはインフルエンザ・ワクチンについて



何度も打たせられるワクチン効果っていったい?



「予防接種をすれば軽くすむ」という幻想 



京都・島根ジフテリア予防接種禍事件
  こんな事件があったとは誰も知らないでしょうね。
そして、こういう背景がず〜〜〜っとこの日本の予防接種に潜んでいたのでは無いのかな?



追記
 Googleで検索したらずっと後にて見つかりました。現在Googleはこのような記事は出来るだけ検索対象から外す傾向にあるようです。
 本元記事はーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーです


予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

〜翻訳者Hariさんのメッセージ〜
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)

(※アマゾンアフィリエイトリンクではありません。)

翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!

posted by akyoon at 14:56| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コレステロール外論特集 (1)音声読み上げmp3

コレステロール悪玉説がどういう根拠で言われているのか知りませんが
こういう話もあるんですね。

洗濯はアナタ次第。いや、汚れ物は自分で洗えって!(妻乱)


 たしか・・・「高血圧は放っておくのが一番」という本からだったと思う  ← 自分で検索確かめること





posted by akyoon at 14:50| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

赤ちゃんの時にお母さんの菌を受け継ぐ自然の仕組みに逆らう「帝王切開」

「あなたの身体は九割が細菌」
より

第7章 産声を上げたときから・・









帝王切開というのは低脳医学が産んだ余計なお節介だったようです。

 100パーセントとは言えないだろうが、ほとんどの出産には自然分娩(しぜんぶんべん)が子どものためになるという。

 低脳切開のために分便などという後処理が必要になってきたようです。
分便?

 そう母親の便に含まれる体内細菌を赤ちゃんに移植するという方法が最近流行っているそうですよ。

 自然分娩なら自然に母親の胎内細菌が赤ちゃんにコピーされるのですね。

しかも、分便、いや分娩後の粉ミルクもあまりお奨めできない理由も分かってきましたし、お乳の重要さが再認識されたのですね。

バイ菌(微生物)と人間は切っても切れない中。

 夫婦の縁は切れても、微生物との縁は死ぬまで切れない。いや、死んだ後も微生物があなたの身体を分解してくれるとても親切な友人なのだ。 (笑



posted by akyoon at 08:13| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

黴菌の海の中で黴菌を嫌う人間共へ増(細菌が世界を支配するより)

この黴菌野郎!
などと言われるとついつい怒りがわくのではないだろうか?

(註 くだらないまえがきは飛ばして音声読み上げmp3は最下段です)


ある笑学生の先生が生徒に「細菌なんとか」と軽蔑したとかで生徒が自殺にまで・・
なんて記事があったようなないような・・(どっちだ)

ふつう、黴菌といえば「汚い」「悪い」「病源」とかを連想してしまうからだが、
じつは黴菌って、黴や細菌の総称じゃ無いのかな?

じゃあ、この世界は黴や細菌だらけだから、例外無しでアナタもワタシも黴や細菌に囲まれていることになる。

しかも、しかもだよ。

細菌は私たちの体の中にウヨウヨ(それこそ細菌だらけなのだが)棲んでいることが分かってきた。


もしか、いや、しかもだ、その細菌群が居なければ生きて行くのもままならないということも分かっている。


それならば、「黴菌野郎」などと言われても、
「それがナニか?」
と答えるしかない。

かりにも小学校の先生が生徒に吐いたとしても、それは「あたりまえのことを言った」だけなのだが・・


その先生もじつは黴菌野郎であり、体内にはウヨウヨ棲んでいる細菌野郎なのだ。

それを近代の医学宗教(医学は科学では無いというからね、宗教にしました)が熱心に教え込んできた

細菌=悪  という十把一絡げにした無能教育によって育てられた先生もそして、生徒も・・みんなが・・・

細菌を黴菌と呼ぶと異常に怖がってしまう。

ナントバカげた話では無いだろうか。

あの「モンク探偵」のような異常な細菌恐怖症というひとは極少数としても、大多数の人が細菌と言えば、黴菌と言えば即コワガルのだからなんと言いましょうか・・・・超バカいや、超愚というべきでしょうか・・・

と、他人様を愚か余話バリする私も愚かなんでしょうねえ〜〜〜〜


ドシロウトの話などどうでもいい?
では、その道の先進的科学者の便をどうぞ¥

 え? 便じゃないって・・・それは音声を聞いているといずれ分かります。

ヒント * 便通移植  電通じゃ無いですよ。













続きを読む
posted by akyoon at 10:16| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細菌が世界を支配する

細菌が世界を支配する―バクテリアは敵か?味方か?

posted by akyoon at 09:35| Comment(0) | 医学、医療、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、【Make Yourself Active 〜行動する自分を創る〜】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
Amazon・Kindle版